スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛をもっと 36

2014.07.03 (Thu)








夕日が射し込む教室。


チャンミンが綺麗で



テミンも綺麗で、



何だか現実じゃないみたいで、
見とれていたら、



「あ…、ユノ先輩…。

…ごめんなさい。

チャンミンさんが
今日だけならモデルになってくれるって、言ってくれて…。」


テミンが
大きな瞳でまっすぐに俺を見て
言う…。




…、だろうな。
チャンミンは断れない性格なんだ。


けど、初めて会ったテミンの前で寝るとか、


無防備にも程があるだろ?




それには答えないで俺は
チャンミンのそばに行って、
しゃがみ込んで、

チャンミンの頬を軽く叩いて

「チャンミン、
起きて。」

そう言った。


「…ユノ…?」



本当に熟睡してたみたいで、
眠そうなチャンミン…。


「チャンミン、帰るよ。」


そう言いながら、
チャンミンを抱き起こそうとしたら、


「…、ユノ、先に帰っていいから。
バイトでしょ…?

僕、今日だけテミン君の絵のモデルになるから。」



「…、ダメだよ。
帰るよ。」


立ち上がらないチャンミンを
無理やり抱き起こした。


「ユノ。

勝手に決めてごめんね。
でも、今日だけだから。」



「…何で?
何で断るって、言ってたのに、
引き受けるの?」


チャンミンは
少し目を潤ませて



「テミン君が描いたユノを見たから…。

凄く、ユノが綺麗で…。


本当に綺麗で、

感動して…。



…だから、テミン君が僕を描きたいって、言うなら、
引き受けようと思って…。




コンクールで賞を貰ったんでしょ?

教えてくれたらよかったのに…。」





黙って俺とチャンミンの会話を聞いていたテミンが、



「あの、
チャンミンさん…。

もう、いいです。
ユノ先輩と帰って下さい。」


って椅子から立ち上がって言う。


それを聞いたチャンミンは
俺から離れて テミンのそばに行って、



「テミン君?
大丈夫だよ。

今日だけ、好きなだけ描いて?

ふふ。
また、寝てればいいだけでしょ?」

そうテミンに言う…。



…寝てるだけって、
それが心配なのがわからないのか?



今朝、ジュノの所から帰ってきて
安心したのに、


何でまた、こんな事になるんだよ?




…でも、チャンミンは言い出したら聞かないところがある。



しかたなく俺はチャンミンを
残してバイトに向かった。





















☆チャユノです☆

今日も読んで頂けて嬉しいです♡
ありがとうございました♡



拍手コメを下さった名無しさん♡
コメントありがとうございます♡
ですよね!
Y3Kは大音量で聴きたいですよね(^^;;
めげずにまた車で東方神起、聴きますよψ(`∇´)ψ
お話しは焦れったいと思いますけどまた覗きに来て下さいね♡





コメントの返信はコメ欄にさせて頂いてます♡
すぐには返信できませんが、
時間がある時に覗いてみて下さいね♡







いつも応援ありがとうございます♡
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/77-80985294
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.07.03 23:45 | 編集
爆笑コメントありがとうございます♡

そうなんですよ〜(^^;;
「ちゃ」が付くお名前の方が
何名かいるんです♡
はい♡◯茶さんが◯茶さんですよ〜(*^o^*)♡

ちょっと◯茶さん、本当に笑わせないで下さい(^^;;
「中学生」で自衛隊にスカウトって
爆笑しました(^^;; 笑

ビリケンさん、いいじゃないですか♡
私、関東から数年前に大阪に来て
初めてビリケンさんを見た時は
感動しましたよ(^^;;♡

でも、ヌードモデルはビリケンさんじゃなくてユノ様で♡

また今晩も覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.07.04 21:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。