スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニック 39

2017.04.17 (Mon)







それから


俺はケバいお姉さんとシウォン先輩



店長はチャンミンを
それぞれの席へと案内したんだ。







「ね、何がお勧め?
お姉さんは
ユンホ君のオススメが
食べたいなあ。」


甘えた様な声で
上目遣いで俺を見つめる
ケバいお姉さんに



「…、本日のオススメは
春キャベツのアンチョビのパスタです。」


営業用スマイルで
答える俺。



「そうなんだ?

ふふ。ユンホ君のオススメなら
それにしようかな。

あ、その前に前菜の
オススメは?」


だけど

「…、カプレーゼが
オススメかと…。」


そう答えつつも
チャンミンが気になって
俺はチャンミンの座る
カウンター席へと視線を向けると




そこには




俺には見せない
優しい笑顔の店長の姿。



…、




本当に恋してるって顔だ。


頬が緩んで嬉しそう。





店長なんて今まで
ノーマークだったから
気がつかなかったけど

俺の知らないところで
あんな顔して
チャンミンの事を見てたんだ。


…ふーん。





それにしても
店長の奴、いつまで
チャンミンと話してんだよ?

オーダー取ったら
とっとチャンミンから離れろよ。




…、だいたいチャンミンも
楽しそうしてるし。



何の話ししてるんだろう?

今日のオススメだけなら
いいけど…。


それにしても






チャンミンって
誰にでもマシュマロ笑顔
ふりまくんだな。



そんなんじゃ
店長も勘違いしちゃうんじゃないの?





なんて


少しズキっとしたその時

チャンミンが俺の視線に
気がついたのか

振り向いたと同時に

目が合った。



すると店長に向けていた
マシュマロ笑顔のチャンミンは
俺を見て


何故かほっぺたを膨らませた後
すぐに目を逸らした。



…、



何今の。




…、ほっぺたを膨らませる意味が
わかんないんですけど。



何か拗ねてる?





…、と、モヤッとしていたら

ケバいお姉さんの
甘えた声が聞こえて来た。


あ…、

仕事に集中しないと。



「カプレーゼ?
ふふ。
ユンホ君がオススメなら
お姉さん、それにしちゃう。


じゃ、それと、…

他には何にしようかな?

ね、シウォン。
どれが食べたい?」





「んー…、
何でもいいよ。
お前が決めろよ。」

シウォン先輩は
気のない返事。


はあ…。お姉さんも
シウォン先輩も

早く決めて。

てかさ、決めてから 呼べよ。


こういう客が一番
めんどくさいんだよな。


でもせっかく
来てくれたんだ。


このレストランは
内装も大人っぽくてオシャレで
料理も本当に美味しくて
俺も気に入ってるんだ。



わざわざ来てくれた事だし
楽しい時間を過ごして貰わないとな。

昨日だって合コン途中で
抜け出したのに
怒ってる風でもなくて
ケバいお姉さんはニコニコして。




…、悪い人じゃないんだろうな。





そう気を取り直して


「…、あの、
ゆっくり選んで下さい。

決まったらまた呼んで下さい。

あ、ピザもオススメですよ。」


そう言って一旦席から
離れようとしたら

「ちょっ、ユノ待って。」

いきなりシウォン先輩に
腕を掴まれて

そのまま腕を引っ張られて

「な、お前彼女作りたくて
合コン来たんだろ?
だったら
このお姉さんと付き合えよ。な?
このお姉さん、 お前の事マジみたい。」


俺の耳元でそんな事を言って来た。


え?

何言ってんの?

彼女が欲しいとか
そんなんじゃないんだけど…。


そう言いたかったけど
合コンに行っておいてそれも

失礼かと思って



「…先輩、すみません。
今 、仕事中だから。」


とにかくこの場所から
離れたくてそう答えると

お姉さんが


「シウォン?
何してるの?

ユンホ君の邪魔したらダメだよ?」


そんな台詞。



…、いやだから、


ケバいお姉さん。



あなたのせいですから。


「あー、ごめん。ごめん。
じゃ、ユノ、また
決まったらオーダー取りにきて。」


「かしこまりました。」



そんなこんなでやっと
その場から離れる事が出来て

俺は平静を装って
チャンミンの席へと向かう。




その時既に店長は厨房に戻った後で
チャンミンはカウンターで
一人になっていたんだけど


「ね、チャンミン。
店長に何か言われなかった?」


「 …、え?

…、あー…。

うん。言われたよ?

ワインの新作パーティーが
あるとかで
それに誘われちゃった。」






は?

何それ。


マジで職権乱用じゃん。



店長のやる事の早さに
呆気に取られた。




「…、行くの?」

「うん。
どうしようかな?」


「…どうしようかなって
迷ってるの?」



なんだよ。
行かないって言ってくれないの?


俺の焦る気持ちに
気づかないチャンミンが



「…うん。
だってワイン好きだし。

…、
ねえ。
それよりあの人
誰?

大きな声で
ユンホ君、ユンホ君って。」



不意に
小声でそんな事を言って
窓際にいる
ケバいお姉さんに視線を向ける。





「え?
あー…、

昨日の合コンに来てた人。」



「ふーん…。

…、ユンホ君って
あんな感じの人が好みなんだ。」



「え?
別に好みとかじゃないし。」


「…じゃあどうしてお店に
来てるの?

ユンホ君が誘ったんでしょ?」


「え?
違っ…、」



何か勘違いしてる?


俺は慌てて
否定しようとしたんだけど



「すみませーん!」



窓際のケバいお姉さんが
手を挙げて


俺を呼ぶもんだから



「ごめん。
オーダーみたい。



…、あんまり飲み過ぎないで。」


仕方なくチャンミンの席を
離れようとしたら



「…、僕もオーダーしたいんだけど。」



「え?オーダー?

わかった。
…、でもちょっと待ってて。

先にあっちのオーダー
取ってくるから。」




「…、ダメ。
こっちが先。」


「え?
何言って…、」


その瞬間




俺は




さっきシウォン先輩にされたみたいに


チャンミンに腕を引っ張られて




それで



「ユンホ君をオーダーしたい。」




チャンミンは俺の耳元で


そう言った後






「…、ね、
なんか
寂しくなっちゃった。

…、今夜も抱きしめて
くれる?」





心臓が破裂するくらい



ズキュンとする事を言ったんだ。















-----------------------------------------------
拍手コメントをくださった
yu◯iさん♡ しまっ○ょさん♡
み◯チャンさん♡ Miy○さん♡
le◯nさん♡ (37話にも♡)
ありがとう(*^_^*)
コメントくださった2人の方が
店長をヒチョルだって予想してました(≧ω≦)
本当にいつも楽しませて貰ってるよ(*´ω`*)♡







改めて皆さん♡こんばんは♡

明日はTILL2ですね。
行かれる皆さん
楽しんで来て下さいね*\(^o^)/*




※ 明日はお休みです。
次の更新は明後日の水曜日になります。




ではでは、今日も
「読んだよー!」の拍手を
頂けたら嬉しいので
よろしくお願いしますね(*^o^*)


チャユノ










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/600-0be65c74
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2017.04.17 22:09 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2017.04.17 22:43 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2017.04.18 08:04 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2017.04.18 10:30 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2017.04.18 18:45 | 編集
イチ◯ミ◯さん
コメントをありがとうございます♡

だね!早く食べちゃえだよねヾ(*´Д`*)
アハハ♡ 「鮮度が一番の売り」って
大爆笑しちゃった(((*≧艸≦)
んー、まだおたづけなのかどうなんだろうね?笑
本当にいつまで二人とも鈍感なんだろうね(^^;;
おあづけじゃないこと願っててね(*´ω`*)♡

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2017.04.18 21:24 | 編集
ブミ◯ミさん
コメントをありがとうございます♡

はーい♡ 久しぶりー*\(^o^)/*
わ♡ドキドキ&モヤモヤして貰えて嬉しいな(*´艸`*)
しかも心臓に悪いとか「チャユノ節」とか笑ってしまったよ(((*≧艸≦)
お話し好きでいてくれてありがとね\(//∇//)\

TILL参戦は頭が真っ白になるまで
応援してきましたか?
いいなあ♡ 私も来週が楽しみ٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
リアル東方神起も早く見たいよね(*^^*)

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2017.04.18 21:25 | 編集
yu◯iさん、拍手コメントを
ありがとうございます♡

本当、邪魔が入っちゃったよね^_^;
で、お互いヤキモチ合戦っΣd(≧∀≦*)
アハ♡だね♡ 「ユンホ君をオーダー」
とか言われたいよねっ\(//∇//)\
うん。そうなんだよね?ユノは考えすぎだからヽ(´o`;
でも大丈夫♡ ←たぶん♡(^ω^;)

こちらこそ長いことお話し読んで貰えて嬉しいよ♡
いつも本当にありがとね(*´ω`*)♡

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2017.04.18 21:27 | 編集
しまっ○ょさん、拍手コメントを
ありがとうございます♡

うん。チャンミンまだ酔ってないんだよ。
でもケバいお姉さんに
ヤキモチを妬いちゃったの(((*≧艸≦)
アハ♡公開ハグはまたいつか♡笑

TILL参戦、お疲れ様ー٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
今回は風船大丈夫だったかな?
私はやっとやっと来週ー(≧∇≦)
それからいつもお気遣いありがとね。
無理はしないから大丈夫だよ(*^_^*)♡

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2017.04.18 21:29 | 編集
ア◯…☆さん 、拍手コメントを
ありがとうございます♡

TILL参戦お疲れ様♡
本当LIVEの前はワクワクちゃうよね♡笑
私はやっと来週♡ 楽しみ٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

お話しの方はそうなんだよ!
ライバル出現♡ うん。それで
お互いの気持ちに気が付けばいいんだけど、
どうかなヽ(´o`;? ←
この2人はかなり鈍感だから^_^;
でも少しづつ近づいてるからね(*´∀`*)ノ。+゚ *。

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2017.04.18 21:31 | 編集
le◯nさん
コメントをありがとうございます♡

はーい♡ チャンミンは
ユンホ君をオーダーちゃいましたヾ(*´Д`*)
アハ♡ 食べることができたら
いいんだけどどうかなΣd(≧∀≦*) 笑

うんうん♡ ユノはもう明後日!
なんか本当に信じられないよねT^T♡
ドキドキとなんだか緊張しちゃう。

はーい♡テイクアウトユンホ君を
想像しながら待っててね(*´ω`*)♡

遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2017.04.18 21:51 | 編集
Miy○さん
コメントをありがとうございます♡

だよねー?ケバいお姉さんは
シウォンとくっつけばいいのにね(≧ω≦)
でもお姉さんのおかげでチャンミンは
ヤキモチ妬いちゃってユンホ君を
オーダーしたって事でいいよね♡笑
で、はい♡店長は侮れません!
アハ♡ Miy○さん鼻血とか笑わせないでー(((*≧艸≦)
で、うん♡ だね♡ 小悪魔チャンミン発動だね(≧ω≦)
私の描くチャンミンを大好きって
言って貰えて嬉しいな\(//∇//)\
私もまた自分で言っちゃうけど愛おしくて\(//∇//)\
で、年下ユノも可愛くて可愛くて(*´ω`*)♡

あ♡ だね! ユノのお帰りまで
いよいよあと2日!ドキドキしちゃうよねヾ(*´Д`*)
早く東方神起に会いたいよT^T♡

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2017.04.18 21:59 | 編集
あーちゃんさん
コメントをありがとうございます♡

ほんっとにもどかしい二人だよね♡
アハ♡ 「 好き」のその一言が
また難しいと言うか(*´艸`*)
それにしても鈍すぎるふたりだよねヽ(´o`;
でも、「まだ言わないで!」って
思って貰えて嬉しいな(*^_^*)
私もまだこの二人を書いていたいから(*´ω`*)♡

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2017.04.18 22:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。