スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニック 32

2017.04.10 (Mon)







チャンミンさんは
俺が抱きしめたら

身体をビクッとさせたけど
そのまま離れようとしなかった。


それどころか泣きながら
俺の腰に手を回して
ギュッとしがみくようにしてきた。



だから
俺は離さなかった。



トクン


トクン


トクン








好きな人を
こんな風に抱きしめるなんて
初めてでどうしていいかわからないけど
とにかく抱きしめて
温めてあげたかった。




キザかもしれないけど
チャンミンさんの 心を
癒してあげたくて。



でも

抱きしめて
チャンミンさんの身体の
温もりを感じたのに俺は寂しくて。






だって


この温もりが
華奢で折れてしまいそうなこの身体が
俺は愛おしくて堪らないのに





他の誰かを思って泣いてる
チャンミンさん。







痛い。




胸の奥がズキズキと痛い。



俺はチャンミンさんの事が
好きなんだよ。


大好きなんだよ。



俺だって泣きたいよ。


そんな気持ちでいっぱいで
それでもこうする事で
チャンミンさんが少しでも
楽になれるならそれでもいい。











それからしらばくして
チャンミンさんは泣き止むと

おずおずと顔をあげて


「…、泣いたりしてごめんね。

もう大丈夫。
…、ユンホ君優しいね。
ありがとう。」


目を真っ赤にして
そう言った。






…、切なかった。

そんなに好きなの?
その人の事。

俺は心底その人の事が
羨ましかった。

だけどどう考えても
チャンミンさんが振られるとか
思えないのに
どうして告白しないんだろ?



「…ね、
チャンミン。
どうして告白しないの?」

「え?」

「…、チャンミンなら
絶対大丈夫だと思うよ?

ほら、前に学園祭に来てくれた時も
ボアだったり
イェソンがチャンミンに
一目惚れだっただろ?



…、告白したら?」


だから俺は



何言ってんだよ。



何、本気で応援してんだよ?



万が一告白して
付き合う事になったら
どうすんだよ?


「…、僕なら大丈夫?
そんなわけないよ。
…わかるんだ。きっと僕の事は
友達としか思ってないよ。」





「そうなの?」

「うん。僕の気持ちなんて
全然気がついてないよ。


…、僕も
好きな素振りはみせないよう
お兄さんぶったりしてるしから。

でも、いい。

今は友達でもいい。」




お兄さんぶってる?




って事は
チャンミンさんの好きな人は歳下か。


ふーん…。


…、そっか。


歳下って言っても
俺よりは歳上なんだろうけど。




…、


と、俺がめちゃくちゃ
その知らない誰かに
嫉妬をしていたら




「…、ユンホ君
温かい。

なんか眠くなっちゃった。

ね、このまま
こうしてもらっててもいい?」




「えっ…?」

「だってなんか
ふわふわしてきちゃった。


ユンホ君ほんとあったかい。

…、なんか
酔いが回ってきたみたいで

眠い…。」



チャンミンさんはトロンとした顔で
そんな事を言い出した。





俺はいつの間にか胡座をかいていて
その間にチャンミンさんが
入ってきてる状態になってたんだけど

チャンミンさんは
俺の腰に手を回したまま
俺の胸に顔を埋めてくる。




え?



酔いが回ってきた?



俺がこんなに切なくなってるのに?

さっきまで泣いてたくせに?


マジで寝ちゃうの?


アルコールって
こんな風になっちゃうの?




シラフの俺は
なんだかチャンミンさんに
着いて行けない。




「いや、あのチャンミン?
寝るならベッドで寝てよ。」





「嫌。」




嫌って可愛く言われても。









マジでこの体勢で寝ちゃうわけ?


「チャンミン?」



「…。」





返事が返ってこない。






…ウソ。


もう寝ちゃったの?



…、



はあ…。


なんなんだよ。




勝手過ぎる。




でも



やっぱり好きだ。






チャンミンさんが他の誰かを思っていても
俺の気持ちは変わらない。


それどころかもっともっと
好きになる。



トクン



トクン


俺は



"好きだよ。
チャンミン。"




そう声に出さずに言ってみた。




ふっ。






ほんとに寝てる。






可愛いな。



安心した様な顔しちゃって。





そんな無防備でいいわけ?



知らないからな。









俺はチャンミンさんが
寝てしまったのをいい事に





ぎゅーッと





力いっぱい






抱きしめたんだ。
















---------------------------------------------
☆チャユノです☆

拍手コメントを下さった
yu◯iさん♡ しまっ○ょさん♡
le◯nさん♡ Miy○さん♡
なかなかコメ欄をオープンに出来ない中
拍手コメをありがとうっ(*^^*)
本当に励みになってますT^T♡


改めて皆さん♡こんばんは♡
いよいよリアルユノのお帰りまで
あと10日ですね♡
なんだか落ち着きませんヾ(*´Д`*)









ではで続きはまた明日(*´ω`*)♡















"好きだよ。チャンミン"
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

「読んだよー」の拍手ポチを
頂けたら嬉しいです(*^o^*)

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/593-0119a2f7
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。