スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニック 29

2017.04.06 (Thu)







何で?

何で目潤んでるの?


チャンミンさんの大きな瞳が
揺れてる。


… あ…。




そう言えばチャンミンさんは
酔うと瞳が潤む時がある。

…、さっきサクラミチ公園で
ビール飲んでたもんな。







そうだ。


…、きっとアルコールのせい。






俺はチャンミンさんの潤んだ瞳が
気になったけど


今はそれよりもこの緊張感を
なんとかしたかった。




だってチャンミンさん
フロントで
ルームキーを渡されてから
急に言葉少なくなってしまった。





そりゃ疲れてるから
話したくないのかもしれないけど
シーンと静まりかえったこの部屋で
黙られると俺はどうしていいかわからなくて。



「…、チャンミンも
疲れた?

なんて疲れたか…。
今日はいろいろあったし
ほら、とにかく和室入ろう?」


俺はこのなんとも言えない空気に
耐えられず
ベッドを見ないようにして
そこを突っ切って奥の和室に向かう。


それで靴を脱いであがったんだけど




「うん…。」



俺についてきた
チャンミンさんはそう言って
また黙る。


いや、だからっ。

チャンミンさんっ?
何で黙るの?





「ふっ。なんか面白い作りだね。
和室と洋室がくっついてるなんて。

あ、蟹せんべいがある。
江ノ島ーって感じっ。」




そう俺はわざとテンション高く
チャンミンさんに話しかけるんだけど

チャンミンさんは


「あ、うん…。
蟹せんべい…。」



とだけ言ってまた黙る。






俺はさらに困って

部屋を物色してるかのように
キョロキョロとしながら
カーテン開けて

「あ、ね、チャンミンっ。
明日はここから海見えるね。

マジで楽しみ。」





そう言いながら次は
ふすまを開けると中は押入れで




そこには二枚の浴衣が
たたんで置いてあった。




薄紫の浴衣。





それを見た俺はどきりとしたけど
また平静を装って




「あ、ね、チャンミンっ。
浴衣ここにあるよ。

なんか旅行みたいでいいね。

俺 、着替えてくるっ。」





チャンミンさんの返事を待たずに
浴衣を手にとって

逃げるように洗面へと行った。









パタンっ。




ふー…。








洗面所のドアを閉めて一呼吸。





ドクンッ


ドクンッ。






一呼吸しても
全然緊張がおさまらない。

おさまるどころか
もっと緊張してしまう。





それにしてもチャンミンさん
急に黙り込むなんてどうしたの?


疲れただけ?






弱ったな。


どうしたらいつものチャンミンさんに
戻ってくれるんだよ?



マジで勘弁して。





チャンミンさんから
誘っておいて黙るとか。




あ、いや
誘ってって変な言い方。


…、はあ。




とにかく疲れる。






それで俺はとりあえず少し
時間稼ぎをしたくてすぐには着替えず
トイレに入ったり
顔を洗ったりしてから





その後服を脱いで
浴衣に着替えたんだけど



あれ?



浴衣ってどうやって着るんだろ?



…、帯とかどう結べばいいのかな?


ま、適当でいいか。

こんなもんだろ。








それから



もう一度深呼吸をして
チャンミンさんのいる和室に戻ると



チャンミンさんは座椅子に座って

コンビニで買ったビールを
口に含んでる。



しかも浴衣姿で。




…、


帯をしめると
ウエストが強調されるんだ。

細っ…。



あまりに色っぽいチャンミンさんに
俺は何て言っていいかわからなくて

今度は俺が黙ってしまった。





すると



「僕も浴衣に着替えちゃった。

たまには浴衣っていいね。

…、ユンホ君
浴衣、似合ってる。

ふふ。でも帯の結び方
変。


直してあげる。」



チャンミンさんが座椅子から
立ち上がってこっちにきて




「もう、
どうしたらそんなに帯が
ぐちゃぐちゃになるの?」




フワッと笑う。


そんなチャンミンさんに
俺のドキドキが伝わらないように




「えー?
ぐちゃぐちゃかな?」



普通に答える俺。



「うん。
ぐちゃぐちゃ。
ふふ。」



あれ?




ビール飲んだからか
わからないけど
いつものマシュマロチャンミンさんだ。






よかった。







そうホッとした瞬間



「あっ…、」




チャンミンさんが
浴衣の裾を踏んでつまづいてしまった 。




「危ないっ…、」



慌てた俺はそう言って
咄嗟に両手をのばして
チャンミンさんを真正面から支えた









次の瞬間










チャンミンさんは











俺の腕の中にすっぽりと








おさまってしまったんだ。





























-----------------------------------------------------------

☆チャユノです☆

皆さん♡こんばんは♡
ユンホ君のドキドキは
まだまだ続きそうです(*´艸`*)


※それから明日はお休みです。
次の更新は明後日の土曜日です。
よろしくお願いしますね(*^o^*)



ランキングも上げて下さって
ありがとうございます♡
(過去のお話しにもたくさんの拍手を
ありがとうございます♡)
励みになってますT^T♡


ではではまた土曜日に❣‧✩͓̊(*´∀`*)ノ。+゚ *。












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
「読んだよー」の
拍手ポチを頂けたら嬉しいです(*^^*)

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/590-aa64b2e2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。