スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニック 16

2017.02.26 (Sun)










「とりあえずここなら
誰も来ないから。」



チャンミンさんの手を引いて
連れて来たのは学園祭のイベントをしてる
教室から少し離れた視聴覚室。




「うん。
でも勝手に入って大丈夫?」


チャンミンさんは
不安そうな顔。

「大丈夫だよ。
普段だって勝手に入っても
怒られないから。

ね、チャンミンさん。
俺、制服に着替えてくるから
ここで待っててよ。」

「え?ここで?」

「うん。」

「一人でこんなところになんて
いたくないよ。」

「けど一人で歩いてたら
また女子達に写真撮られるよ?」


俺は心配でそう言ったんだけど
チャンミンさんは

「…、。違うよ。
ユンホ君と一緒にいたからでしょう?
僕一人だったら
写真なんて撮られないよ。

それより
さっきボアちゃんが言ってた
写真部の写真ってどこで見れるの?」


はあ。まったく。

自分のビジュアルを
全然わかってないんだな。


「写真部?」


「うん。
僕、カメラが趣味だから
興味あるんだ。


…、それとユンホ君。」


「ん?何?」

「手、そろそろ
離して?」

「えっ?

ああ。

ご、ごめっ。

ごめんっ。

手なんて繋いでごめんっ。」

「ふふ。
モフモフしてて可愛い。

…、別にあやまらなくていいよ。
嫌だったわけじゃないし…。」


「え?」



"嫌だったわけじゃないし…"


それってどう言う意味?

いや深い意味はないのか。


きっとそう。



さっきから俺は
チャンミンさんの言葉に
上がったり下がったりと忙しい。




そんな俺に

「ね、ユンホ君
一緒にセルカ撮ろうよ?」

チャンミンさんは
またドキドキする様な事を言う。



「セルカ?」



「うん。
さっき教室で撮られたのは
ちゃんと撮れてないと思うから。」




そう言ってチャンミンさんは
黒の細身のパンツのポケットから
スマホを出して俺に差し出す。

「ね、ユンホ君が押して。
あ、
その手じゃムリだね。ふふ。

虎ユンホ君、ホントに可愛い。」


なんだか楽しそうなチャンミンさんに
俺も楽しくなってきて。


「可愛いって言われてもなー。
…、あ、ね、俺
着ぐるみで撮るのヤダから
上だけ脱いでいい?」

「えっ?
どうして?
虎君と撮りたいのに。」


「…だから、
トラは恥ずかしんだって。」

俺はまず
頭に被ったかぶり物を外してから

上半身の着ぐるみのファスナーを
下ろしてウエストのところで
ストップした。




それ以上下げたら
ボクサーパンツだからな。





すると


チャンミンさんが

「…、ちょっと
ユンホ君っ、
いきなり脱がないでっ…、」


さっきのボアみたいに
顔を紅くてしていて。


え?


なんで?




…、変なの。
どうしたんだろ?



「別にTシャツ着てるし
いいだろ?

ほら、写真撮ろう?」



「う、うん。」




それでチャンミンさんは
俺の横に並んで
手を伸ばしてスマホを俺らに向ける。






画面に写った俺とチャンミンさん。



初めてのセルカ。







ドキドキする気持ちを
バレない様にしないと。





「…、
ユンホ君。
ちょっとしゃがんで。」

「うん。
こんな感じ?」

「ん。
そんな感じ。」

そう言いつつも
なかなかシャッター押さない
チャンミンさん。



…、あれ?



もしかして


もしかしてだけど
可愛く写ろうとしてる?


してるんだ。

だってチャンミンさんは
画面を見ながら
大きな瞳を更に大きくしたり。








そんな事しなくても
そのままで可愛いのに。



俺の着ぐるみ姿を
可愛いなんて言ってるけど
どっちが可愛いんだよ。


ホント

チャンミンさんって可愛い。



可愛過ぎて


画面ではなく
隣のチャンミンさんに顔を向けると



っ…、うわっ…、



あまりの至近距離裏に
心臓が飛び跳ねる。








横顔も綺麗なんだ。




…、肌も綺麗。







頬も紅くしたままで。



…、





トンっと




触れる肩が
熱くて


ドクンッと

胸が鳴る。





抱きしめてみたい。





その唇に触れてみたい。




ダメだ。



そんな事をしたらダメだ。




だけど




全てに触れてみたい。












俺は



どうしていいかわからない



この感情を




抑えるのに必死だった。





















------------------------------------------------

☆チャユノです☆

初恋ユンホ君
ドキドキしてます(*´艸`*)


※拍手コメントを下さった
le◯nさん♡
k○i○oさん♡
いつも本当にありがとね(*^_^*)
またまた楽しく読みました♡



※☆それから皆さんへ☆※
もう少しで嬉しい事に
拍手が20万回になりそうです*\(^o^)/*
と言ってもこのお話しを再開してから
拍手が激減してるので^_^;
あと4回位の更新の時になると思います。

その時にもしよかったらキリ番を
押された方は拍手コメントから
知らせて頂けたら嬉しいです(*^_^*)
それと好きなお話しも聞かせて貰えたら嬉しいです(*^^*)
よろしくお願いしますね☆彡
待ってますね♡


明日はお休みです。
今日も読んで下さって
ありがとうございました(*^^*)




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/575-9873fbe7
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。