スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニック 15

2017.02.25 (Sat)









拗ねた顔したと思った
チャンミンさんは



すぐにいつもの
フワフワマシュマロ笑顔になって



「…、なんてね。
ふふ。
冗談だから。
鼻の下なんて伸びてなかったよ。


でもほら、ユンホ君と写真撮りたくて
並んでた子、可哀想だよ?
行ってあげて。」

そんな事を言うから

「…いいよ。
大丈夫。大丈夫。
それより俺も変な事言ってごめん。」

そう答えたんだけど



「…、

なんかごめんね。
早く来ちゃって。
どうしても、ユンホ君の虎が
見たくて…。

でも
気悪くさせちゃちゃったみたいだね。

…、
もう帰るから。

ストロベリーラテは
ユンホ君にあげる。」



チャンミンさんは

やっぱり拗ねてるんだか
少しほっぺを膨らませ気味で
席を立とうとした

その時に



「おまたせしました!
ストロベリーラテです。

あのっ、クッキーおまけなんで
食べてくださいっ///////。」


ボアが俺の隣に顔赤くしたまま
やってきて

「ね、ユノ。
知り合いなの?
紹介してよ。」

そんな事を言い出して。


は?何言ってんの?
紹介なんてしないけどっ。
そう思ったんだけど

俺が答える前にボアは


「あのっ…
ユノの友達ですか?

超キレイですね?

あ、あのっ、写真撮らせて貰っても
いいですか?」


勝手にどんどんチャンミンさんに
話しかける。



「え?
僕の写真?」


びっくりしてるチャンミンさんにも
かまわず



「はいっ。
あたし、写真部なんです。
キレイなものを撮るのが趣味で。

…ダメですか?」


ボアのヤツは暴走中。

「…、っ、
ちょっ、お前、何言ってんだよ?
いきなり失礼だろっ?
チャンミンさん困ってるだろ?」


「ごめーん。ユノっ。
わかってる。
失礼なのわかってるよ。

わかってるけど、こんな綺麗で中性的な人
初めて見たからっ。」

「だからって…、

あ、チャンミンさん、
気にしないで。
こいつちょっと変な奴で…」



俺はこれ以上変な方向に
いかないように遮ったんだけど


「ふふ。
面白い子だね?

…、写真部なんだ?」


チャンミンさんは
ボアに優しく答えて。





「はいっ。
あ、よかったら写真部の写真を
学園祭で展示してるので
見に行ってくださいっ。

あ、あたし
ボアって言います。
よろしくお願いしますっ。」


「ふっ。
元気だね。

んー…、写真、

…、
いいけど

でも僕からもお願い。」


「え?お願いですか?」


「…、うん。

…、
ユンホ君と一緒に
撮って貰えないかな?


ね、ユンホ君
一緒に撮ろ?」



えっ?


チャンミンさんっ?

俺と一緒に写真って
マジで?



何この展開。



拗ねて
帰るって言ったくせに


俺をズキュンってさせる事を
言うなんてズルイ。



マジでズルイよ。






また好きな気持ちが
加速しちゃうじゃんっ。















だけど




その後が大変だった。


それを聞いていた
周りにいた女子達が騒ぎだして


「ボアだけズルイっ。
あたしも撮りたい。」


「あたしにも
撮らせてください。」


「二人ともヤバイっ。
可愛いっ。」


「ホントヤバイっ。」

一体何かヤバイのか


俺とチャンミンさんを囲んで
勝手に写真をカシャカシャ撮り出し始めて


「ちょっ、
お前ら勝手に撮るなよッ。」


俺がチャンミンさんの前に立ち塞がって
写真を撮らせない様にしようとしても

無視。


その状況にクラス委員のボアも
マズイと感じたのか


「あ、ちょっと
みんな、
ここはカフェだからっ。
騒がないでっ。

騒ぐと先生呼ぶよ?

あたしも写真撮らないからっ。
写真撮るの止めてっ!

ほらっ、クラスメイトは接客!
お客様は席に着いてくださいっ。」



でもすぐには言う事聞いてくれなくて



チャンミンさんも

「ゆ、ユンホ君っ。
ど、どうしよう?
あの、僕帰るね。」


慌てた様にして
席を立って教室を出ようとした。


するとそこに


「あれ?
なんかめちゃくちゃ
大盛況じゃんっ!

って、あっ!
チャンミンさんっ!
来てくれたんですね?

今日も綺麗ですねー!」


呑気なライオンの着ぐるみを着た
ドンへの登場に


ホッとして

助けを求めて



「ちょっと面倒くさいことになってて。

後は頼むっ。」



状況を簡単に伝えてから










「チャンミンさん
行こうっ。」







俺はトラの着ぐるみの
モコモコした手で





チャンミンさんの手を取って








そのまま教室を後にしたんだ。



















--------------------------------------------------



ユノの怪我心配ですね>_<
願う事しかできないけど
ユノの怪我が早くよくなります様に…☆彡

チャユノ








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
いつも温かい拍手とコメント、
ランキングポチを
ありがとうございます♡
本当に励みになってます(*^_^*)


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/574-bab6ccf5
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。