スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニック 13

2017.02.23 (Thu)






カルボナーラを食べた後
チャンミンさんは
美味しそうなショートケーキを
ローテーブルに並べながら




「学園祭の準備
進んでる?」



そう聞いてきた。




「え?
あ、うん。

まあまあ。」


「今頃の学園祭なんて珍しいね。
僕の高校は秋だったよ。」





そうなんだよな。

"春の学園祭"
学校ではそう呼ばれてるけど

今は5月半ばで
もう季節は初夏。

今の時期の学園祭は
珍しい。






「うん。
クラス替えしたばかりだから
まだ団結力ないんだけど
学園祭がキッカケで仲良くなるんだ。」

「へえ。
うん。でもそれもいいね。」

「うん。」



チャンミンさんを学園祭に
誘えてはいないけど
学園祭がある事は既に言ってある。


それで今度は



「カフェなんだよね?
ユンホ君、もしかして
ロングエプロンとかするの?」


って。





「え?
ロングエプロン?」

「ほら
カフェの店員さんがしてる格好あるでしょ?

白のシャツに
腰から足首位まである長いエプロン。」

「あー!
あれね。

カフェ店員、着てる。着てる。
カッコイイよなー。」

「うん。
ユンホ君、似合いそうだよね。」



「…、んー…、
そうだったらよかったんだけど。
そんなんじゃなくて。
女子はメイドの格好なんだけど…。」


俺はイチゴショートをほおばりながら
歯切れの悪い返事をする。


「えっ?
もしかしてメイド喫茶?」

「ハハ。
なんかそれエロいっ。
メイドって言っても制服に
フリフリのエプロンするだけの
コスト削減衣装ってやつで。
でも、学園祭の時に限り女子は
メイクオッケーだから
それなりに可愛いくなるんじゃないの。」

「ふーん…。
フリフリのエプロン…。

可愛いんだ?

…、そりゃ可愛いよね。

…、ね、

もしかしてクラスに
ユンホ君の好きな子がいるとか?」

「えっ?
俺は好きな人なんて…」

「いないの?」

いや、だからっ。
大きな瞳で見るなって。


好きな人はチャンミンさんだしっ。

クラスの女子なんか眼中にないからっ。

メイクしたところで
チャンミンさんの綺麗さには
かなわない。




「…だからっ
そう言う事は
チャンミンさんが教えてくれないから
内緒って言っただろ?」

「…。そっか。
そうだったね。

…、いいよ。
もう聞かない。

ね、じゃあユンホ君は
何着るの?
女の子がメイドならもしかして
ホストとか?」



ホスト…。


ホストの格好がよかったよ。


マジで。

でも違うんだよ。



「…、トラ。」


「…とら…?」



「メイド喫茶じゃなくて
仮装カフェ。

女子はメイドで
男子は動物の着ぐるみ着て
接客するんだよ。」




「…え?」


















それから
あっと言う間に

一週間が過ぎて

今日は学園祭当日。

準備は前日までに終わらせていた。

なんかみんなで
夜遅くまで準備するの
楽しかったな。

ふっ。


本番は今日なのに
クラス委員のボア、
あいつ泣いてたな。

ボアは全然女らしくなくて
唯気兼ねなく喋れる奴。
いつもはサバサバしてるけど
泣くなんてなー。

でも頑張ってたもんな。



もちろん俺も頑張った。
こういうノリって好き。



チラシもさっき
みんなで配ってきたし準備万端。








教室をカフェ風にテーブルを並べて
女子たちが買ってきた
モダンなテーブルクロスを敷いて
メニューだって
オシャレな感じに仕上がって。

でも予算の関係で
マグカップをスタバみたく
可愛いの用意したかったけど
それは紙コップと紙皿になったりと
いろいろ妥協もしたけど…。




まあ、それはおいといて
女子たちのメイドの格好は
思ってたよりも本格的。



…、へえ。
女って
メイクで随分と化けるもんだなー。

メイド女子はやけに
大人っぽい。


それに比べて

俺たち男子は

動物の着ぐるみを着て…。


はあ…。

マジで

…、子どもっぽ過ぎるだろ。




だけどこんなトラの格好の
俺は大人気。



「ユノ、
めちゃくちゃ可愛い。
ね、一緒に写真撮ろ?」

「ユノ先輩っ。
一緒に写真撮って下さいっ。」


「あたしも一緒に撮ろ?」

「ユノ先輩。
私ともお願いします。

あ、あのっ…、か、可愛いですね。」


次から次へとスマホで
写真撮ろうって女子が
集まって来て


"トラユノ"とツーショット写真を
撮る列までできちゃって。



まあ、それで客も増えて
仮装カフェは大人気でいいんだけど。





と…、





写真をトラの格好で
後輩女子と並んで撮っていた




その時



「一名様
来店でーす!」



そう接客係のボアの声が聞こえてきて
ドアに視線を向けると





あ…、




嘘。










そこには





オフホワイトの
Vネックのサマーニットを着た


教室には不釣り合いな




いつもに増して




綺麗で可愛い




チャンミンさんが




立っていたんだ。
























☆チャユノです☆

チャンミンさん学園祭に
来ましたー(*^^*)
学園祭デートできるかな(*´ω`*)♡?


※拍手コメントを下さった
くみちゃんさん♡
k○i○oさん♡
mi◯hi◯onさん♡
めちゃくちゃ嬉しかったです♡
楽しく読ませていただきました*\(^o^)/*
いつもありがとう(*´∀`*)ノ。+゚ *。













にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
温かい拍手とコメントを
ありがとうございます♡
本当に励みになってます(*^_^*)


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/572-a09b42a4
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。