スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニック 6

2016.11.29 (Tue)








ドンへの言葉に
一瞬言葉が詰まった俺だったけど



「なんてなー!
ハハっ。
冗談だよっ。冗談っ。

そんなわけないよな。
ユノが男を好きになるなんて
ないに決まってるよな!


あ、
ちょっ、ユノっ
急ごうぜ。

HRに間に合わないっ。」



ドンへはいつもの人懐こい笑顔に戻って
言って走り出す。



…、
な、なんだよ。

冗談か。

そうだよな。

ドンへの言うとおりだ。

うん。

俺がチャンミンさんを好きなわけない。


そんな事あるわけない。

俺はそう思って
ドンへの後を追った。







…だけど

やっぱり俺はその日
授業中も

部活の練習中も

ずっと
チャンミンさんの事を考えていたんだ。




気がつくとチャンミンさんの
優しい笑顔を思い出して
自然と温かい気持ちになっていた。





もちろんドンへには言わなかった。
だって言ったら
マジで俺がチャンミンさんを好きに
なったんじゃないかって心配するもんな。





え?


あれ?



…、心配するって事は
あれ?

俺はチャンミンさんの事が
好きなのか?


違う。

そんなわけない。


…筈だ。


昨日初めて会ったばかりの人を
好きになるとかそんなの変。




でも



俺は17年間
人を好きになった事がないんだ。

"恋"がどんなものなのか。

ましてや"愛"がどんなものなのか。

わからない。


わからないよ。




人を好きになるってどんな気持ち?





俺はどうしてもそれを知りたくて
部活が終わって

「な、ドンへ。
今日泊りに来いよ。

ちょっと聞きたい事があって。」

ドンへを家に誘ったんだ。




それからドンへと
マックで夕飯を食べて
俺のマンションへと帰ってきた。





「へぇー!
結構、広いんだ。
学校も近いし羨ましいなあ。

俺も一人暮らししたい。
そしたら彼女連れ込めるのに。」



ドンへは物珍しそうに
部屋を見てそんな事を言う。



「ふっ。
なんだよ。彼女って。
いないだろ。
片思いのくせに。

早く告白すればいいのに。」


「ユノ、お前
簡単に言うなよな。

お前は人を好きになった事ないから
そんな風に言えるんだよ。」



「それはそうだけど
言わなかったら相手に
気持ち伝わらないだろ?」

「わかってるよ。
わかってるけど
言ってもしダメだったら
今の関係じゃいられなくなるじゃん。

俺、それ考えると
やっぱ告白できない。」


ドンへは少し切ない顔になって
肩をすくめる。








ドンへの好きな子は
サッカー部のマネージャー。

そのマネージャーは
一年後輩の明るく元気なヤツ。
可愛いとかよくわかんないけど
俺からみてもいい子だって思う。

サッカー部員達とも仲間って
感じでうまくやってる。



確かにフラれたら
今の関係ではいられなくなるかもな。


「それよりユノ。
聞きたい事って?

ふっ。
そんな事言って
本当は寂しいから俺をよんだんだろ?」


「だからっ、違うって。」




まあ、それも少しはあるんだけど。


俺はソファーに座るドンへの隣に
ストンと腰掛ける。





「で、何?」


「あのさ。

…人を好きになる気持ちって
どんな?

俺、わかんなくて。」



「え?
なんだよ。急に。

…、ま、いいか。



んー…、説明するの難しいけど…

そうだなー。



…俺はマネージャーの事
考えるとドキドキして。

気がつくと考えたり
目で追ってたり。

マネージャーの笑顔が俺に向けられたら
ドキリとして
ドキドキが止まらなくて嬉しくて。

それがバレないように必死に普通の
顔したりして。


…それにマネージャーが
お前と喋ってる時に嫉妬したり。」


「えっ?
嫉妬?
俺に?」

「そう。
嫉妬。

とにかく好きになるって
そんな感じ。


あー…。

あとさー、

まだある。」


「え?」


「…、
…それから
その、…、

変な妄想したりして。


好きになった相手に
キスしたいとか…


抱きしめたいとか
もっと…その…、




って、ユノ、

ひくなよっ?

お、俺は別にマネージャーを
どうこうしようとか
そんなんじゃなくてっ…、


ユノ?

聞いてるのかよ?」




聞いてる。


聞いてるよ、


ドンへ。



わかった。



わかったんだ。




昨日から続くこの気持ちの意味が。










俺は





チャンミンさんの事を







好きになってしまったんだ。















---------------------------------------------------


☆チャユノです☆

皆さん♡こんばんは♡
ユンホ君、恋しちゃったみたいです(*´ω`*)♡


拍手コメントを下さった

le◯nさん♡
k○i○oさん♡
Miy○さん♡

コメントありがとう(⌯˃̶᷄ ⁻̫ ˂̶᷄⌯)♡
ニマニマ読みました(≧∇≦)
個別にはお返事できませんが
嬉しかったです*\(^o^)/*


ではでは皆さん♡
おやすみなさい(*^^*)












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

↑少しでも上がったら嬉しいので
ランキングバナーのポチを
よろしくお願いしますね♡

いつも温かい拍手とコメントを
ありがとうございます♡
本当に励みになってます(*^_^*)


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/561-4c4a77a6
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。