チェリーブロッサム ~胸の奥 7~

2016.04.07 (Thu)










土日にチャンミンが
シウミンの見舞いに
行くのは嫌だったけど
今回はマネージャーと
事務所の後輩も一緒だって言うから
安心していた。

チャンミン一人じゃないなら
大丈夫だろう。



土日は俺も学会や
セミナーに参加したり
医師仲間と情報交換を兼ねて
夕飯を食べに行ったりと
忙しくしていて




あっという間に


今日は月曜日の午後。







診察も終えて
少しひと段落した
15時過ぎ。


あれ?


何か騒ついてるな。


何かあったのかな?
いつもと違う雰囲気…。



するとナースステーションから
ナースが飛び出してきて

「ユノ先生っ!
大変です。
こっちに来て下さいっ。

今、婦長にも
連絡するところだったんですっ。」

そう言いながら俺の腕を掴む。




「え?
何?」



「とにかく大変なんですっ!」


そのまま引っ張られて
窓際まで連れてこられた。


窓の周りにはたくさんの患者や
医師やナースが窓の外を見てる。


何だって言うんだよ?







「あ、あそこっ。
あそこを見て下さいっ!

どうしたらいいですかっ?」





言われて視線を
窓の外に落とすとそこには




たくさんの女子高生に囲まれて
身動きが取れなくなってる
チャンミンの姿。




えっ!?

嘘だろっ?



囲まれた上に
写真を撮られたり
身体を触れられたりしていて
今にも泣き出しそうなチャンミン。






「先生っ…

どうしたらっ…、」


俺はナースの言葉を最後まで聞かずに
チャンミンの元へと走った。







ったく!

何やってるんだよ?

なんで、明るい時間に
一人で来るんだよ?
バカっ。

だから無防備だって言うんだよ。

チャンミンがシウミンの
見舞いに毎日来てるって
ネットであがってるんだ。


待ち伏せするファンだって
いるだろっ。

マネージャーは
何やってるんだよ。
何でチャンミン一人にするんだよっ!


ありえないだろ。


…、


頼むからチャンミン
怪我だけはするなよっ。


怪我だけは。



俺はそう祈りながら


なかなか来ないエレベーターに
痺れを切らして

階段から
病院の入口まで走る。


走るっ…。



はあ…。


はあっ…。


走るっ…、


…、







足がもつれそうだっ。




はあっ…、。




やっと
一階のロビー前に着いたところで

チャンミンの姿を確認しようにも
女子高生だけではなくて
更に人が増えていて
大きな人集り。





みんなスマホで
写真を撮りまくってる。

まるで撮影会だ。

…、マズイな。


これ以上人が増えたら
大変だ。

何とかしないと。

俺は焦る気持ちで

チャンミンに群がる
たくさんの人を
かき分けながら



「っ、…

どいてっ。


どいて下さいっ!」


そう言ったんだけど



"チャンミン!こっち向いて!"

"チャンミン!
めちゃくちゃイケメンっ!"



"チャンミンの髪
触ったー"


そんな声も聞こえて



離れるどころか
ますますエスカレートするファン。


それをなんとか
どけようとするんだけど


「っ…、痛っ、」


スマホに自撮り棒を
付けてる奴までいて
それが俺の手に当たって


俺は思わず
顔を歪ませた。






流石に危険を感じた俺は




「…、どけよっ。

離れろよっ。」



言葉を荒げて
ズンズンと人混みの中を
突き進んだ。



やっと人混みの中から
チャンミンが現れたのを


見てホッとして







"チャンミンを守らないと"


そんな気持ちになった。




それで俺は




チャンミンの



腕を掴んで




引き寄せて




俺の腕の中に






包み込んだ。
























☆チャユノです☆

皆さん♡ こんばんは♡

ユノ先生、チャンミンを
助けにきました(o^^o)


このシーンはユノが以前
事務所の入館証を忘れて
事務所に入れなかった事が
ありましたよね。
で、チャンミンに電話をして
チャンミンが入館証を持ってきてくれて(♡ˊ艸ˋ)
それをヒントに書きました(*^^*)

↓ この時♡












ではまた明日*\(^o^)/*
(明日、最終話です☆彡)




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

少しでも上がったら嬉しいので
ランキングバナーのポチを
よろしくお願いします♡


拍手ポチ&コメントも
いつもありがとうございます。
本当に励みになってます(*^o^*)


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/464-413ed775
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.04.07 22:09 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.04.07 23:06 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.04.08 01:52 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.04.08 18:51 | 編集
あー○んさん、コメントを
ありがとうございます♡

うん♡ 本当にユノ先生大胆だよね!
でも愛するチャンミンの身の危険を感じたら
周りなんて見えなくなっちゃうよね ₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞♡
このままどうなるかわからないけど
最終話も見守っていて下さいね*\(^o^)/*


返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2016.04.08 20:37 | 編集
しまっ○ょ様

しまっ○ょさん、拍手コメントを
ありがとうございます♡

アハ♡ そうなんだよ。管理できるのー♡
だからどこかに拍手コメントくれても
わかるからねっ*\(^o^)/*
なのでどの記事にしまっ○ょさんも
コメントしたか覚えておいてねー♡
その記事に返信してるので ₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞♡

って、インターネット繋がらなくて
大変だったのねf^_^;)
でも直ってよかった♡笑

あ♡うん。最終話。
もちろん二人の未来は明るいよー(≧∇≦)♡
ハッピーエンドヾ(@⌒ー⌒@)ノ

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2016.04.08 20:39 | 編集
Miy○さん
コメントをありがとうございます♡

アハハ♡ だよね? 本当にマネージャーさんは
何をしてるんだかねf^_^;)
チャンミンのピンチはもちろん
ユノがほっておけないから
駆けつけちゃったね(*´ω`*)♡
絵になる二人だろうねー!
まさに、ファンはエキサイトしちゃうねっ(≧∇≦)
あ♡ 最終話寂しいって言ってくれて嬉しいなあT^T♡
いつもありがとね♡

リアルであったよねー♡
でもさ、チャンミンがユノの入館証を持ってきて萌
えー(⌯˃̶᷄ ⁻̫ ˂̶᷄⌯)♡だったよね!

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2016.04.08 20:41 | 編集
k○i○oさん
コメントありがとうございます♡

うん。本当に大勢の人に囲まれたら
怖いと思う(>_<)
でも、大丈夫♡ ユノ先生が来てくれたからねV(^_^)V
周りの反応、私も気になるー(≧∇≦)笑

あ、それ、私も思った!
入館証がなくたって、"ユノ"なんだから
入れてくれてもいいのにね(⌒-⌒; )?
でも、チャンミンが来たから
嬉しかったなあ(*´ω`*)♡

うん(>_<) 本当に二人一緒の
ところが見たいよーT^T♡

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2016.04.08 20:42 | 編集
◯るさん
コメントをありがとうございます♡

はーい♡ ユノ先生、助けに来ましたー(≧∇≦)
うん♡ だよね♡ チャンミンの為なら
どこだって行くよねっ(*´ω`*)♡
ユノ先生、素敵だよね♡ ←

アハ♡ やっぱり非公開だよねf^_^;)♡

寝る前の楽しみって言って貰えて
嬉しいなT^T♡ いつもありがとう♡
春は体調崩しやすいから
◯るちゃんも気をつけてね❀.(*´▽`*)❀.

返信遅くなってごめんなさい!
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2016.04.08 20:45 | 編集
しまっ○ょ様

しまっ○ょさん
こちらに最終話のコメントが
着てたので最終話の方に返信しましたー♡
(もしかしてあえて
こちらにコメ下さったなら
ごめんなさいf^_^;)
チャユノ | 2016.04.10 12:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top