スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛をもっと 2

2014.05.24 (Sat)





数ヶ月前から
チャンミンと俺は二人で暮らしている。


両親が海外転勤になったからだ。


いつ戻ってくるのかはわからない。





大学四年の俺は既に就職が決まっていて、今は遊ぶ金の為にバイトをしまっくっている。


昼も夜も掛け持ちで。






…だから、
社会人のチャンミンより
帰りが遅い。


俺がマンションに帰るのは
最近は深夜0時を過ぎる事が多い。


家に着くと、チャンミンがソファで丸くなって寝込んでいた…。


…本当に綺麗な顔をしてるんだよな…。


なんて寝顔…。


目を閉じてると睫毛が本当に長いのがわかる。


…頬を触ってみたくなる…。



…俺はおかしいのかな。
兄にこんな感情を持つなんて…。









「…チャンミン。

起きて。風邪ひくよ。
ちゃんと自分の部屋で寝ないと…。」


一瞬だけ目を開けて、




「…ん…。
ユノ…。お帰り。」



そう言って、また寝てしまった。


…しょうがないな。
部屋まで連れて行くか。



…テーブルにはビールの空き缶…。



「…チャンミンまた飲んだの?
飲み過ぎ…。

ほら、立って。」



そう言いながら、
チャンミンの肩を組む様にして
立ち上がらせようとしたんだけど、


バランスが崩れて、
二人で倒れてしまった。


ソファから落ちて、


俺はチャンミンの上に覆い被さる形になってしまった。



「っ痛っ… 。ユノ、
痛いよ…。

それに重い…。」




「ご、ゴメンっ///////。」

慌ててチャンミンから離れたんだけど、


チャンミンのシャツが肌けてしまっていて、

胸元から鎖骨と真っ白い肌が見えて

俺はドキドキして、

理性を抑えるのに必死だった。




「…ユノ…。

…どうかした?

起こしてよ。」



仰向けになってしまって、
下から俺を見上げながら、



チャンミンは両腕を俺に伸ばして来た。














☆チャユノです☆

昨日からの新しいお話しに拍手を貰えて本当に安心しましたT^T
ありがとうございました♡

今日も読んで頂けて本当に
嬉しいです♡




拍手&ポチ、いつもありがとうございます♡
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/40-16ff8fb7
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.05.24 22:18 | 編集

連続コメ、めっちゃ嬉しいです〜(≧∇≦)♡

二人暮らしだから、いろいろあると思います♡
でも、兄弟だからねヽ(´o`;
切ない系かなヽ(;▽;)ノ

今晩も是非是非、覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.05.25 13:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。