スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっとあなたに逢いたくて 14

2014.10.29 (Wed)












「ユノ、
…痛いっ。


っ、痛いよ。」



「我慢しろよ。」



「無理。

痛いっ…。」



「我慢出来る位の痛みだろ?」





「我慢出来ないよ。

どうしよう。
このままずっと痛かったら。」



涙目でチャンミンが言う。

全く、大袈裟な奴だな。




チャンミンは今日、
ピアスの穴を開けてきた。


…ピアッサーで自分で開けるのが怖いって言って、


クリニックに行ってきたって。


…やっぱりお金持ちのボンボンだ。

男がクリニックに行くなんて。



…まあ、チャンミンらしいけど。


「っ、…。
痛いっ。

ユノ、何とかしてよ。」



…本当に子供みたいだな。


さっきから、
開けた穴の痛みが取れなくて耳を抑えて騒いで…。



初めて会った時の印象と
全然違う…。
もっと大人っぽかたよな?





…まあ、甘えてくるチャンミンも
好きなんだけど…。




「…おいで。」


俺はソファーにチャンミンを抱き寄せて、


耳朶にキスをした。





「…っあ…。///////」


頬を染めるチャンミン…。








「…お揃いのピアス、
するんだろ?

明日には痛みはなくなるよ。
しばらく我慢しろ。」



「…////////うん。

…我慢する。」





それで、
チャンミンを抱きしめたまま、
俺は聞いた。












「…チャンミンのお祖父さんって
どんな人なの?

一番の権力者なんだろ?

ネットで見たけど、
写真は古いのしかないし…。」



「…もう、引退したから、
公の場に出る事もないから
最近の写真はネットには載ってないよ。


権力者って言うけど、
経営の事は全て父に任せてるし。



…普段は優しい祖父で、

普通の人だよ。

今は祖母と海外旅行ばかり
してる。


ただ、

祖父の命令は今でも絶対に
逆らえない。




…とにかく一族の会社を守る為に、
血を絶やさない様にするって
事だけは、
必死な感じ…。

だから、再婚して子供を作りなさいって。」



「…今どき、
そんな事を言うなんて、
時代遅れ過ぎるよな。」


「…うん。

でも、僕はずっと、

そう言う世界にいたから。

…ユノにもし出会ってなければ、
当たり前に受け入れてたよ。」






「…そうなんだ。


…いろいろ考えたけど、
直接、逢いに行こうと思うんだけど。」



「え?」


「チャンミンのお祖父さんに
直接会って、
俺とチャンミンの事を許して貰う。

簡単に許して貰えないのは
わかってる。

でも、


とりあえずは会ってみないと。


…最初から俺が恋人だからって言ったら、拒絶されるに決まってるから、
まずは、チャンミンの友人として、お祖父さんに逢うってどう?」




「…うん。


…それなら、祖父も会ってくれると思う。

…でも、ユノ、

何て言うの?」





「んー。
単刀直入に、

愛してもいない人と
チャンミンを結婚させるのは
やめて下さいって言う。」


抱きしめていた腕から
チャンミンが離れて、



困った様な顔をして


「…、ユノ…。

そんなんじゃ、聞いてくれないよ。」


って言う。



「…わかってるよ。
でも、まず会ってみないと、
どう接していいかわからないかさらさ。

…それに、俺、

仕事柄、口は上手いからさ。」




空港の高級ブランドショップで
お金持ちを相手に接客してるんだ。


多少はそれが役に立つと思った。



とりあえずは会ってから

作戦を考えようってなった。










それから、



チャンミンが


友人を紹介するからって、
チャンミンのお祖父さんに
逢える様にセッティングをして、



意外にも対面する日は
すぐに訪れた。




その日はお祖父さんだけじゃなくて、
お婆さんも一緒に来る事になっていた。















待ち合わせ場所は


高級フレンチレストランの
個室。




俺とチャンミンが
先に個室に入って、



緊張しながら待っていた。




コンコン…。



扉が開いて


俺は目を疑った。




入って来たのは、



俺の知ってる顔だった。





チャンミンのお祖父さんは



俺の勤めるブランドショップの



俺が接客していた



顧客だったんだ。











☆チャユノです☆

Baby don't cry、視聴しましたー♡
いい曲ですね(*^o^*)
やっぱり2人の歌声、大好き♡












お金持ちのボンボンです♡
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
今日も読んで頂けて嬉しいです♡
ありがとうございました♡




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/184-fe8c0041
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.10.29 22:19 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.10.29 23:41 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.10.30 00:20 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.10.30 00:25 | 編集
ひま○りさん、
コメントありがとうございます♡

写真、素敵って言って貰て嬉しいですー♡この、ユノ、セクシーですよね\(//∇//)\
今回はラフな格好の2人にしましたV(^_^)V
はい♡ユノらしい行動ですよね!
回りくどい事はしないです(o^^o)
チャンミンが年上の設定だけど、
やっぱり、ユノがリードするんですよ♡
その感じが好きなんです(≧∇≦)
アハハ♡本当、お爺様、お手柔らかにだね(*^^*)

また覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.10.30 06:44 | 編集
ひ◯こ様、コメントありがとうございます♡

痛がるチャンミン、可愛いですよね♡
あ、後ろから抱っこっイメージされたんですね\(//∇//)\
私、前から抱っこのつもりだったんだけど、
確かにソファーで抱き寄せたら
後ろからって、思いますね。
文章力が足らなかった(^^;;
でも、どっちからでもいいんです♡
ユノがチャンミンを抱きしめれば\(//∇//)\♡

本当、お爺さん、知り合いなんだから
うまくいって欲しいですね\(^o^)/
応援してね♡

また覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.10.30 06:46 | 編集
y○miさん、コメントありがとうございます♡

はい♡ユノは男らしいですよ♡
年下のユノだけどやっぱり、ユノがリードするのが好きな感じです(*^^*)
年上チャンミンがユノに甘えるのが可愛いなーって思って(=´∀`)人(´∀`=)

でも、そうなんです。
ユノに全て話したから、ホッとして
甘えちゃってるんです(*^^*)♡

幸せな未来、私も信じてます☆彡
また覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.10.30 06:48 | 編集
チャ○101○さん、
コメントありがとうございます♡

そうなんです(*^o^*) !
まさかのユノの顧客でしたあ♡

アハハ♡
そうなの(^^;; 逆にやりにくいはず。
うんうん。ユノでもきびしそうだよねー(^^;;
でも、頑張るユノを応援してね(o^^o)


またまた覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.10.30 06:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。