スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I know 49

2014.10.07 (Tue)








な、何で?





僕の住むマンションは
オートロックになっていない。




だから、ユノはすでに玄関先にいる。



ど、どうしよう。


僕は腰にバスタオルを巻いて
いただけだったから、

慌てて、下着を履いて、

シャツを羽織って玄関に向かって
扉を開けた。




サングラスを外して
ユノが



「…ごめん。
勝手に来て。

…逢いたくて。」


そう言った。


僕は嬉しくて、



「…僕もユノに逢いたかった。」



そう言いながら、

ユノに両腕を伸ばして
ユノの首に回した。


しばらく逢えないって思ってたのに。


嬉しくて
ユノにしがみついた。

ユノの匂い…。





「…チャンミン。

あのさ、部屋に上がってもいい?
…このままじゃ、

…押し倒したくなる。」


「え?」



「チャンミンの格好、

…ヤバイから。」




/////////。

自分の格好に恥ずかしくなった。



ボタンも閉めていない羽織っただけの白いシャツに


素足…、



「い、今シャワー浴びてて…///。


あ、ど、どうぞ。
あがって下さい。」



ユノが僕の家に来ることは
ほとんどない。


…今日で3回目かな…。



ユノが忙しいのもあるけど、

ユノはいつでも
週刊誌に狙われてるから…。


…だから
僕の家にいるユノに少し緊張する。





…でも、

それだけじゃなくて、
あまりこの家にユノに来て欲しくない。


…。


…とりあえずユノに
リビングのソファーに座って貰った。


「あの、

何か飲みますか?」

「うん。

…ふふ。
チャンミンはビール飲もうとしてたんだね。」


「えっ/////。
あ、はい。
飲もうとしたらユノが来て…。

あの、カフェオレでいいですか?」




シャツのボタンを
閉めながら僕は聞いた。


「…うん。
ありがとう。」







…肌が見えない様に一番上まで
ボタンを閉めた。








それで、

僕はカフェオレを作ろうと
キッチンに立った。


でも、ユノも僕を追ってキッチンに
入ってくる。






「っ、ちょ、ちょっと、
ユノさんっ…?」


ユノが後ろから僕を
抱きしめてきた。


っ…///////、


ユノの両腕が僕のお腹の前で
クロスされる。




ユノは僕のうなじの黒子に
吸う様にキスをしてきた。


「っあ…、//////

あの 、ユノ、

っあっ…、」



最近ずっとユノは忙しくて、
会うのが少し久しぶりだった。


…だから、


少し触れられるだけで
身体中が熱くなる。



身体中が疼く…。



「…やっぱり無理。
…チャンミン…。

お願い、抱かせて。」


ユノの片手がシャツの中に入ってきた。


もう片方の手は


太ももに這わされる。


「っあっ …、


やっ、…、。」



「…ね、

チャンミン、

…ベッドに行こう?」



ユノに手をひかれた。





どうしよう…。


身体は熱く疼くけど、


気持ちが嫌だって思ってしまう。







この家のこの部屋、





このベッドで



ユノに抱かれたくない。





あの人に抱かれたベッド…。





同じベッドで抱かれたくない。






どうしよう。



でも、


ユノは、




僕をベッドに組み敷いて、


今閉めたばかりのボタンを



ゆっくり外していく。




















☆チャユノです☆


I knowは不定期ですが
なるべく更新するので
よろしくお願いします☆彡




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/167-f0703a87
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.10.07 13:44 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.10.07 19:24 | 編集
ユ○サ○ンさん、拍手コメントありがとうございます♡

変な時間に更新でしたよね(^^;;
突っ込まれたとこ、私も思いながら、
書いてたよー(^^;;笑
でも、ベッド買い換えるのもねー(^^;;
うん。
チャンミンにはちゃんと乗り越えて貰わないとね!
いつもお話しの2人の気持ちになって
くれて本当にありがとう♡


また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2014.10.07 20:04 | 編集
チャ○101○さん、こちらにも
コメントありがとうございます♡

チャミの昔の彼、思い出しすために
最初から読んでくれたんですね(≧∇≦)
この彼のせいでチャンミンは
恋愛恐怖症なんですよねー(>_<)

だからどうしてもウダウダチャミになる(^^;;
今はユノなんだから安心したらいいのにねT^T

はい♡続き待ってて下さいねー♡
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2014.10.07 20:05 | 編集
○茶さん、コメントありがとうございます♡

アハハ♡クロコって読んだんですね(^^;;笑

大阪は今のところ一日です(o^^o)
でも、とりあえず一安心ですよー♡
東京ドーム、追加ありそうですよね!

お話しの方。ベッドが嫌ならフローリングですか?
でもウダウダチャミだからどうかなー(^^;;?
あ、雪のお話しって、書いてありましたよ!頑張って下さいね(*^^*)

また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2014.10.08 01:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。