スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love Again 9

2014.09.09 (Tue)








あれから数日が過ぎた。



僕はユノさんの家に通う前の生活に戻った。



…ユノさんの家に通ってたのは
少しの間だったのに、


寂しいな。


会いたい…。



…いつの間にか、

凄く好きになってたみたい。


苦手なタイプなはずだったのに。




…好きになる感情って、

片思いしてる時は楽しいけど、


振られてしまうと、


好きって言う思いは

辛い感情に変わるんだな…。





でも、



会わなければきっと忘れられるよね。



…もしかしたら、
ユノさんもヒチョル兄さんに振られて、

僕と同じ気持ちなのかな?


…そうだとしたら
ユノさんも辛いだろうな。

だから、
この前は飲めないお酒を飲んでたのかな…?





…ダメだ…。


忘れようと思っても

ユノさんの事ばかりが浮かんでしまう。



…ユノさんが好きなヒチョル兄さんの顔を見たくない…。


兄さんは何も悪くないのに。


大好きなヒチョル兄さんなのに…。




…家に帰りたくないな。




そんな気持ちで




僕はバイトの帰り道を歩いていた。



それで、

自宅マンションに着いたんだけど…、


…何で?




何でユノさんがいるの?



マンションのエントランス前に

ユノさんが立っていた。












会わなかったのは
ほんの少しなのに、

何だか凄く懐かしい…。



泣きそうだ。


目が合って、

ユノさんがゆっくり僕に近づいてきた。




「…チャンミン、
ごめんな。

今日まで知らなくて。

ドンへから今日


シウォンがした事、聞いた。



…、あいつの事はボコボコにしたから。」



…恥ずかしい。

男の僕が、あんな事されたなんて。


ユノさんに知られたのが恥ずかしい。


みっともない。

ユノさんと目を合わす事ができない。



「…大丈夫ですから。

あの、

用はそれだけですか?

僕、もうユノさんと会いません。

帰って下さい。」


そう言って
エントランスに入ろうとしたら、

ユノさんに腕を掴まれて、
身体をユノさんに向かされた。


ユノさんは、


「…何で?

何でもう会わないんだよ?」

って少し怖い顔で言う。


「…何でって、
振られたから。

友達でいるとかムリだからです。」



そう言ったら、
無言で僕の手を掴んで引っ張る。





「ユ、ユノさん?

っ、痛いです。

…手、離して下さい。」



でも、離してくれなくて…。

僕の腕を引っ張りながら

どんどん歩いて行く。


何?


どこに行くの?





「ユノさんっ!
離して下さい。」

少し声を大きくして
もう一度言ったら、






「…うるさいな。

黙って着いて来いよ。」

って…低い声で僕を見ないで言う。



…熱い。


ユノさんに掴まれてる
腕が熱い…。



ユノさんが何を考えてるのか
わからないけど、

でも、

会えて嬉しいって思う自分がいた。





それで僕はずっとユノさんに
腕を引っ張られたまま、




ユノさんの家に連れてこられた。




マンションに着いて、


エレベーターの中に



入った瞬間に








僕はユノさんに抱きしめられた。









☆チャユノです☆




男同士だと、外で抱きしめられないですよねε-(´∀`; )
なのでどうしてもこのシチュエーションになってしましまいます(^^;;


今日も読んで頂けて嬉しいです♡
ありがとうございました♡




本当はユノさんに会いたかったんだ…。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
拍手&ポチをいつもありがとうございます♡





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://chayuno02.blog.fc2.com/tb.php/136-ff8c8bad
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.09 22:27 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.09 23:32 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.09 23:54 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.10 00:49 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.10 15:02 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.10 18:31 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.09.10 20:35 | 編集
拍手コメを下さったユ○サ○ンさん、コメントありがとうございます♡

アハ♡あの方、ボコボコにして、
スッキリして貰えてよかったですよ〜(*^o^*)

「チャンミンをお持ち帰り」って
なんかいいセリフですね♡
お持ち帰りされたチャンミンさんは、
いったいどうなるんですかね\(//∇//)\?

エントリー、私もユ○サ○ンさんと同じところを予定してます(*^o^*)
あと、まだ検討中です〜
チケット、取れるまで心臓に悪い日が続きますよねε-(´∀`; )

また覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.09.10 21:29 | 編集
ha◯aさん、
コメントありがとうございます♡

私らしくなってきましたか(*^o^*)?
自分ではよくわからないけど、
そう言って貰えて嬉しいです(*^o^*)♡
また率直な感想聞かせて下さいね(*^^*)

I knowの方も楽しみにして下さって本当に嬉しいですよ\(^o^)/
I knowはまだまだ書きたいお話しがあるんです☆彡
またすぐに更新予定なので
待っていて下さいね♡

また覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.09.10 21:31 | 編集
ひ◯こ様、コメントありがとうございます♡

ですよね(;´Д`A
シウォンにあんな事されちゃって
チャンミン可哀想でしたよね(>_<)
でも、でもユノが会いに行ったので
いいですよね( ^ω^ )♡

そうなんです〜!
外じゃ抱きしめられないですよぅ(>_<)
「ギュッと抱きしめてあげて」
はい♡多分、そうなるかな〜\(//∇//)\♡

私のお話しで切なくなったりしてくれて本当に嬉しいです(*^^*)♡

また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2014.09.10 21:32 | 編集
y○miさん、コメントありがとうございます♡

アハハ(^^;;
シウォンをボコボコには可哀想でしたかね(^^;;笑
でも、可愛いチャンミンにあんな事したからね(^^;;

優しいドンへ、綺麗なヒチョル
私もy○miさんと同じイメージです♡
ドンへさんは人のよさが顔に出てますよね(*^o^*)

はい(≧∇≦)♡ユノに引きずられるチャンミンがどうなるのか、
また覗きに来て下さいね♡
チャユノ | 2014.09.10 21:34 | 編集
ふ○☆さん、コメントありがとうございます♡

チャンミンの切ない気持ちになってくれてありがとう〜T^T
自分が好きな人が兄を好きだったら
辛いですよねT^T
何だか、やっぱり切ないお話しになってしまう〜(^^;;
でも、ユノが会いに行ったので(=´∀`)人(´∀`=)♡

キュンキュンして貰えて
めっちゃ嬉しいです\(^o^)/♡

2人がどうなるのか
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2014.09.10 21:35 | 編集
チャ○101○さん、
コメントありがとうございます♡

アハ♡
ユノの代わりに馬様をチャ○101○さんにボコボコにしてもらいたかったな〜(≧∇≦)

ですよね♡ユノ、かっこいいですよね♡
やっぱりユノはかっこいいユノしか想像出来ないε-(´∀`; )♡
チャンミンは可愛いになってしまうんです〜(*^^*)

2人がどうなるのかわかりませんが
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2014.09.10 21:36 | 編集
○茶さん、コメントありがとうございます♡

ご家族の方、心配ですね…。
○茶さんもいろいろ大変みたいですね(>_<)
あんまり無理しないで下さいね(>_<)

iPhoneのFCアプリは私は便利ですけど(*^o^*)
慣れまで大変かもしれないですね。

ブログ、楽しみにしてますね〜(*^o^*)
私はやっぱりホミン派かなあ〜(=´∀`)人(´∀`=)♡

あ、ですよね〜ε-(´∀`; )♡
エレベーターの監視カメラ(^^;;
私も監視したいですよ\(//∇//)\♡

また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2014.09.10 21:37 | 編集
ひ○み○さん、コメントありがとうございます♡

動画、見ました(≧∇≦)♡
本当にチャンミンはユノヒョンの事が大好きなんですね(=´∀`)人(´∀`=)♡
好きで好きで堪らないって感じ♡
漏れまくりですね〜ε-(´∀`; )
あー、チャンミンのビジュアル、
超〜超〜超〜最高♡ストライク♡
生で見れた方が羨ましいですよε-(´∀`; )♡

あ、はい♡
お話しのユノ、かっこいいですよね(*^o^*)♡
アハハ♡そのまま、いっちゃうかわからないけど、
また覗きにきて下さいね♡
チャユノ | 2014.09.10 21:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。